七北田に「青森煮干 おりいち泉」というラーメン屋さんがオープンしていた。「札幌海老麺舎 仙台泉店」があったとこ。

スポンサーリンク

FullSizeRender

こんにちは。

 

七北田にあった、ラーメン屋さん
「札幌海老麺舎 仙台泉店」閉店しているとのことなので、
ちょっと見てきました。
地図でいうとここ↓

IMG_1855

七北田小・中学校の近くです。

FullSizeRender

 
東北学院方面で、4号バイパスに繋がります。

FullSizeRender

反対側はこんな感じ。

 

こちらの通り沿いにあります。
みなさん、お気づきでしょうか?

 

なんと!

 

新しくラーメン屋さんがオープンしていました!!
(いつのまに・・・)

IMG_1856

「青森煮干 おりいち泉」

 

IMG_1843

とのこと。
 
IMG_1838
 
【営業時間】
7:00〜21:00
この日が定休日だったので、おそらく火曜日が定休日。
FullSizeRender

 

ラーメンが半額になる
「朝ラー」もやっているみたいです。

FullSizeRender

青森ということで、
やはり煮干ラーメンが看板メニュー。
どうやら、
9月8日(土)にオープンしていたようです。

 

建物がそのまま「札幌海老麺舎」のモノなのですが、
それにしてもオープンが早い!!笑

「札幌海老麺舎」の写真がないので、

グーグルマップで確認してみます。

…なるほど。

 

「竹本商店」

 

「札幌海老麺舎」の前の店名で、
秋田県に本店があるお店だったようです。

 

竹本商店が閉店したというより、
同じ系列店で、店名を変えて営業していたといった感じのようです。

(過去にも泉中央の「味よし」でも似たようなことがありましたね)

「札幌海老麺舎 仙台泉店」は、

8月30日(木)に閉店しました。
濃厚海老つけ麺のスープがグツグツしていたのが印象的でした。

 

簡単にまとめると、
竹本商店
札幌海老麺舎
おりいち泉 “new”
 
という流れのようです。
 
 
秋田→北海道→青森
と、東北のラーメン北日本のラーメンが続いているということでしょうか?
この場所は、昔からラーメン屋さんがあり、
ころころ変わっているイメージです。
ラーメン激戦区でもあるので、仕方がないのかもしれません。。。

 

ですが、また違った東北のラーメンを感じることができそうですね!
 
 
情報提供者の
「カバ餃子」さん
「CAMEL」さん
「バサラ」さん
ありがとうございました。

 

コメント

  1. >秋田→北海道→青森と、東北のラーメンが続いているということでしょうか?
    正しくは北日本ではないでしょうか…北海道は東北ではありませんし。
    朝ラーがお得でおいしいですよ。

  2. 泉区ではないですが、48号線を山形方面に向かったときの右側にも、同名の店舗が居抜きでオープンしてます。
    たしかおりいち熊ヶ根だったはず。

  3. >プニプニさん
    コメントありがとうございます。
    確かにそうですね;;
    ご指摘ありがとうございます。
    訂正しておきますね。
    朝ラー行ってきたんですね!
    朝からラーメンとなると気が引けますが、半額にちょっと惹かれてます(笑)

  4. >index555さん
    コメントありがとうございます。
    そうなんですね!
    熊ケ根というと青葉区のようですね。
    青森煮干のラーメンが流行っているのかもしれませんね笑

  5. 定休日は火曜日です。朝ラーは7時~11時までラーメン全部が半額です。

  6. > BLUEMOONさん
    おおっ!お詳しい!!
    情報ありがとうございます。

  7. 朝ラー、終了していました。
    店員さんに聞いたら開店サービスだったとのこと。残念です。

  8. > プニプニさん
    そうなんですね!こちらもプニプニさんのコメントで知りました笑
    今後なにかのサービスがあればそのときにまた期待しちゃいましょう。

  9. 最近行ってきました
    好みはあるのでしょうが
    濃厚煮干しだし太麺→うどんなのかラーメンなのか
    スープ 最初の一口アンモニア臭不味いしぬるい
    煮干し細麺→細麺に対してスープ濃すぎしかもまずい科学調味料の味しかしない
    最悪ですお金返してもらいたいほど
    席数にしては従業員多すぎみんなぽけーっとしてるとにかく営業努力のない
    最悪飲食店と思った

  10. 週一の外食日 
    子供に悪意なく「半田やのほうが美味しいね」っていわせた
    子供たちよ「半田や」もうないんだよ
    あの味で対価求めるのがふざけんなって事