東日本大震災から8年後を描くドラマ「小さな神たちの祭り」11/20(水)放送。出演者によるナビ番組は11/16放送

お知らせ
スポンサーリンク

東日本大震災から8年後を描くドラマ「小さな神たちの祭り」が11/20(水)に放送されます。

放送はTBCテレビにて20:00〜21:54です。

【脚本】 内館牧子(秋田県秋田市出身・2006年 東北大学大学院修士課程修了)
【出演】 千葉雄大(宮城県多賀城市出身) 土村芳(岩手県盛岡市出身) 吉岡秀隆 サンドウィッチマン(伊達みきお・富澤たけし) ほか

 

【番組内容】
震災の津波で突然大切な家族を失った主人公(千葉雄大)。あの日から8年、「生き残った自分だけが幸せになっていいのか?」と生きる事に迷い、葛藤を抱えながら毎日を過ごしていました。そんな中、ある不思議な体験を通して前向きに生きて行こうと決意します。 このドラマは「大切な人への思い」、「亡くなった人からの思い」、「生き残った人の未来」を描くハートウォーミングな物語です。

http://www.tbc-sendai.co.jp/03tv/60thdrama2019/index.html

TBCテレビの60周年記念ドラマとして制作された同ドラマ。主人公役を演じる千葉雄大さんは宮城県多賀城市出身、制作記者会見でもおっしゃっていましたが、強い想いでこのドラマに望んだようです。

制作記者会見の様子→TBCテレビ60周年記念ドラマ「小さな神たちの祭り」記者会見

 

実は、番組案内は平日なら連日TBCで放送されています。CMが流れるたびに、意識を掴まれるような気持ちになります。

 

11/20(水)はもちろんドラマの放送があるのですが、出演者によるナビ番組が11/16(土)の10:55から放送されます。

小さな神たちの祭り~出演者が語るその魅力とは~

こちらはメイキング映像や出演者が見所をお伝えするという内容、役ではなく本人たちの気持ちや視点についてのお話が聞けそうです。

 

関係者の真剣な想いが結集したであろうこのドラマ、ぜひ見たいと思います。

タイトルとURLをコピーしました