「泉区写真コンクール」2019の入選作品が発表されたみたい。

道ばた
スポンサーリンク

令和元年度「泉区写真コンクール」の入選作品が発表されました。

「泉区写真コンクール」は、自然景観や行事など泉区の魅力を豊かに表現した写真を【いずみの魅力部門】、笑顔の写真を【すまいる部門】として、夏から秋にかけて募集していました。

 

令和元年度の募集では、

応募総数
【いずみの魅力部門】 70点
【すまいる部門】 37点
と100点以上の応募があったようです。

さて、気になる入選作品ですが、泉区(仙台市)のホームページ上でも発表されていました。

【いずみの魅力部門】

金賞 「行く秋を惜しむ」

いずみの魅力部門金賞

【撮影者コメント】

 晴れわたった日曜日の午後遅く、さぞ多勢が訪れていただろう区民の憩いの公園で人蔭もまばらな時、ひときわ輝くメタセコイアが色づき、パラソル屋根のハウスが対比する光景が面白く池に映っていました。陽足しの短い一瞬で切ない気持ちになりました。

 【審査員講評】

 晴れわたった秋の七北田公園は、紅葉が綺麗に染まり、とても素敵なカメラ散歩コースですね。静寂な池に、まるで鏡のように映り込んだパラソル屋根と秋景色が、とびきり魅力的な雰囲気を醸し出していました。泉区七北田公園の広場とくつろぎの場を見事に表現し、最高に素晴らしい作品となりました。

http://www.city.sendai.jp

このように入選作品には撮影者からのコメントと審査員の講評が併記されています。

審査の様子はわからなくても、こうして講評ということでどんなところに魅力を感じたかを書いてあると、一枚一枚応募作品を見ていたんだろうなと思います。

 

もちろんホームページ上では、金賞以外の入選作品についても発表されているので、ぜひみなさんも見てみてください!

スマイル部門は特に、見ていてほっこりします。

 

スポンサーリンク

入賞作品の写真展示会の開催について

また、入賞作品は泉区各地で写真展示会が開催されるので、そちらでも作品を見ることができます。

日程と場所は以下の通り

日程

会場

所在地

令和元年11月29日(金曜日)から

令和元年12月11日(水曜日)まで

イオンタウン仙台泉大沢泉区大沢一丁目5-1
令和元年12月13日(金曜日)から

令和2年1月14日(火曜日)まで

泉区松陵市民センター泉区松陵五丁目20-2
令和2年1月16日(木曜日)から

令和2年2月12日(火曜日)まで

泉区黒松市民センター泉区黒松一丁目33-40
令和2年2月14日(木曜日)から

令和2年3月11日(水曜日)まで

泉区南中山市民センター泉区南中山二丁目24-12
令和2年3月12日(木曜日)から

令和2年4月10日(金曜日)まで

泉区役所本庁舎1階ロビー泉区泉中央二丁目1-1
タイトルとURLをコピーしました