太白の新種のサクラが正式に認定されたみたい

お知らせ
スポンサーリンク

仙台市太白区の秋保野尻地区の交流カフェ「ばんどころ」に自生するサクラが新種と判明、

7/15(水)に(公財)日本花の会によって正式に認定されました。

 

サクラの名称は6/18に「秋保足軽紅重(べにがさね)」に決定。野尻町内会の住民投票で選ばれて決まったものです。

新種の桜としては、宮城では第1号、東北では2号目とのこと。

 

交流カフェばんどころの場所はここ

秋保大滝のさらに奥です。

 

見に来てほしいという思いと同時に「絶対、枝等は折らないでください」だそうです。

注意されてなくても、ゼッタイだめです。

 

今は夏の時期なのでもちろん花は咲いていないのですが、来年の開花が待ち遠しいですね。

タイトルとURLをコピーしました