スポンサーリンク

セルバのパティスリー「ルイ ドゥ レトワール」が閉店するみたい。

お店開店・閉店

セルバ1階のパティスリー ルイ ドゥ レトワール が閉店するみたいです。

材料や味、香りなど植物にスポットをあてた色とりどりなスイーツを提供するしないで人気のパティスリーで、以前は「ペストリー ボタニカル」という店名でした。

 

パティスリー ルイ ドゥ レトワール(https://www.selvaselva.com/)

閉店は7/29(木)になります。市内には本店含め他のお店もありますが、セルバ店がなくなってしまうのはとても残念です。

見た目も可愛くワクワクするケーキを販売していたお店ですよね。

パティスリー ルイ ドゥ レトワール(ペストリー ボタニカル)

セルバのパティスリー ルイ ドゥ レトワールは、2018年4月に北四番丁に本店を構える「ルイドゥレトワール」の新ブランドショップとしてペストリーボタニカルという名前でオープンしたお店です。

ボタニカルは「植物由来の」と言った意味で、観葉植物のような可愛くもおしゃれなケーキも有名でしたよね。

仙台北四番町にある「ルイドゥレトワール」はフレンチレストランです。フランスで腕を磨いたシェフ 加藤 稔之 氏が手がけるお店ですね。そのお店の1階にパティスリーが併設しており、本店のほうではケーキのお持ち帰りができます。

ちなみに現在は、新型コロナウイルスの感染症対策に伴って、パティスリー(ケーキ・焼き菓子の販売)とカフェの営業は通常通り営業していますが、当面の間はランチ・ディナーともレストラン営業の方は休止しているとのこと。

そのパティスリーの部分が新ブランドとしてセルバにオープンしたのがペストリーボタニカルでした。

また、パティスリー形態では、2020年8月にパティスリー ルイ・ドゥ・レトワール エスパル店を、エスパル仙台東館2階の「SWEETS GARDEN」内にオープンしています。

ケーキやマカロンなどは今後も仙台市内で買えるということですが、泉区内で買うことができなくなるのはとても残念ですね。

Rue de L'étoile(ルイ・ドゥ・レトワール) | pâtisserie&brasserie
ルイ・ドゥ・レトワールは、仙台北四番町にあるフレンチレストランです。1階にはパティスリーも併設しており、ケーキのお持ち帰りでもご利用頂けます。
タイトルとURLをコピーしました