スポンサーリンク

『乃木坂46 久保史緒里の 宮城・仙台 旅しおり』 2年振りに宮城で撮影した新作がいよいよ公開スタートするみたい!

お知らせひと

昭和22年に創業し、 本年創業74年目を迎えた「萩の月」でお馴染みの菓匠三が、宮城県出身で乃木坂46の3期生 久保史緒里さんを起用して、宮城・仙台の様々な観光名所 を訪れ、その魅力を紹介していくWeb動画シリーズ「宮城・仙台 旅しおり」の新作が公開スタートするみたいです!

まずは、8月13日(金)AM4時から特設Webサイトにてダイジェスト版が公開されます。

©乃木坂46LLC

このシリーズも今年で5年目。これまでに計30本の動画を公開し、累計再生回数は170万回を超えています。

今回は、2年振りに宮城で撮影したそうで、久保さんもこの活動を通じて、「より宮城県のことが大好きになり、もっと地元に貢献できる 人間になりたいと思うきっかけになりました。」とコメントしていたとのこと。

もちろんこうした映像を制作するにあたって、多くの人に宮城・仙台に来て欲しいという狙いもあってのことというの当然なのですが、今すぐにというのは難しい部分もあるので、ぜひこの動画を見て、近い将来、「宮城・仙台に行きたいな」と思ってもらえるといいですよね。

「仙台城ふたたび篇」<8月下旬公開予定>

今回は2年ぶりの宮城での撮影ということもあり、原点回帰の意も込めて、2017年、当時16歳の久保さんが「宮城・仙台 旅しおり」で最初に訪れた仙台城を再訪することしたそうです。

©乃木坂46LLC

ロケ当日はあいにくの梅雨空だった模様。だから傘をさした写真だったんですね。それでも、伊達政宗公騎馬像も久保さんも映えてますよね。

「仙台城ふたたび篇」では、当時の風景や建造物を再現したVRの体験もしたみたいですよ。誰かが体験しているのを見ると自分も行ってみたくなりますよね。

「ブルーインパルス篇」<9月中旬公開予定>

続いて訪れたのは東松島市にある「航空自衛隊松島基地」。ここには、医療従事者に感謝を示す飛行や、オリンピック開会式当日の展示飛行で、人々を勇気づけ感動を与えてくれたブルーインパルスが所属しています。

YouTube ダイジェスト版の冒頭は、この航空自衛隊松島基地で、特別に自衛隊の隊服を着て、ブルーインパルスのコックピットに座らせてもらっている久保さんの映像からスタートします。

©乃木坂46LLC

上空に飛行音も時折聞こえる中、ブルーインパルスの格納庫に案内していもらって、久保さんと同世代で活躍する女性救命装備員の方にお話を聞いていました。

「東松島 野蒜篇」<10月中旬公開予定>

3箇所目は、松島基地から少し移動して「野蒜駅」です。

野蒜といえば、宮城県でも有数の景勝地でもあり、東日本大震災の影響を大きく受けた場所でもあります。ダイジェスト版では、震災遺構として残る旧野蒜駅プラットホーム(現在は「東松島市震災復興伝承館」 )も映っています。

その後、津波の被災跡地を整備し水稲・小麦・大豆など農 業によって土地の再生を目指している「アグリードなるせ」を訪れ、社長にお話を聞かせてもらっています。さらに久保さんの好きな「仙台きなこ」の原料でもある大豆の豆まき体験をしたようです。

©乃木坂46LLC

8月13日(金) 特設Webサイトにてダイジェスト版公開!!

さて、本動画はこれから順次公開されるということですが、ダイジェスト版は8月13日(金)AM4:00から特設Webサイトにて公開されるみたいです。

その動画がこちら↓↓

宮城・仙台も久保さんも魅力的な映像です!

特設サイトも下記リンクから見てみてください。これまでの 『乃木坂46 久保史緒里の 宮城・仙台 旅しおり』の話題なんかもまとまっていますよ。

サイトを見ていたら、まんまと萩の月が食べたくなってきました。お土産に買っていくイメージが強いんですが、宮城・仙台の人が食べたっていいんですよね。

タイトルとURLをコピーしました