スポンサーリンク

明日7/23(日)は仙台市長選の投票日。仙台市の新しい舵取り役が決まりますね。

お知らせ

タイトルのとおり明日7月23日(日)は仙台市長選の投票日になります。

あっ今、「明日の夕方以降のテレビはその話ばっかりか?」と思った人もちらほらいますね?笑
まあそんな蔑ろにするような話題ではないと思いますので、今後の仙台市の行く先を占うまつりごとの一環と思って私も動向をチェックしようとは思います。

とはいえ相変わらず選挙そのものが一般市民とそんなに近いところにあるような気がしないですねぇ。100万人のクラスの学級委員を決めようとしたらこうなるのでしょうか?全校生徒100万人の生徒会長を決めようとしたらこうなるのでしょうか?
いや、投票権を持つ全員の前で演説する機会などがないから生の声、生の姿を見る機会もそうそうないでしょうね。
何より普段の人となりが見えているかいないかで、判断が大きく変わってしまいますよね。

小学校とか中学校ってやっぱりすごいですね。
規模は小さくなるとはいえ政治の仕組み自体は取り入れようとしてるんですから。偉大です。

そして90度ほど話が変わりますが、選挙に関する面白い試みも見つけました。
メディアージさんの一連の仙台市長選の関連企画です。

ポチポチ押して進めていくと立候補者との政策についてのマッチ率(一致度)を測ってくれるボートマッチは入り口としては面白いと思います。
コチラからどうぞ→仙台市長選特集2017 | メディアージ

仙台市長選挙では初となるボートマッチを公開!
有権者(あなた)と立候補者の、政策についての考えのマッチ率(一致度)を測定することができるインターネットサービスです。
引用元:http://mediage.org/programs/program/mayorelection2017

たぶんそれくらいしないと地政に対する興味とか関心は育めないところまで来ているってことなんでしょうね。

市内の小学生くらいのみなさんへ。
みなさんの10年後と仙台の100年間のために明日1日、ちょっとだけ我慢を覚えてください。

参考リンク:仙台市長選特集2017 | メディアージ

タイトルとURLをコピーしました